酒ねこの何気ない日常

こころに移りゆくよしなしごとを、そこはかとなく書きつけてみる。平日ほぼ毎日更新(予定)。土日は気が向いたら更新。

日刊酒ねこ013

 

仕事に対するモチベーションについて、最近よく考えている。

 

会社勤めが長くなってくると、「この人の下で働きたい」と思う上司に何人か巡り会うことになる。逆に言うと「この人の下で働きたくない」という上司にも何人にも巡り会う訳ですが。

良い上司はとにかく部下のモチベーションを維持するのがうまいな、とか思う。逆に悪い上司はとにかく部下のモチベーションを下げるのがうまい、と感じる。(まぁ、悪い上司というのは、悪い部下が作ってしまうと言う、お互い様な側面もあるんだけど、これはまた別の話。)

----

で、自分の感覚で言う「良い上司」というのは

・基本的に部下を信じている

・自分の存在を「良い点も悪い点も含めて」認めてくれる

・良い距離感のコミュニケーションを取ってくれる

・きちんとした仕事の配分をしてくれる

・部下のモチベーションを上げるのがうまい

・悩み事にきちんとのってくれる

という感じだと思っている。悪い上司はこの裏返しですね。

 

ただ今、自分自身が中間管理職をやっているのですが、良い上司になりきれてないな、と反省する事がある。自分が部下の時は、上司の大変さについてそれほど考えなかったけど、良い上司になるのも相当難しいなと思う。こればかりは実際に自分が上司になってみないと分からないな、とも思うけど。

まぁ、良い人生を模索したいのと同様に、日々良い上司になるべく精進は続けたいと思う。

----

あと、これも余談なんだけど、モチベーションというのは「人のために貢献する」事で生じる事が多いと思っている。もちろん、人という定義の中には自分の存在も入っている訳だけど、自分はあくまでも大勢の人の中の一人であるので、「自分のために」と言うのだけではモチベーションが持続しにくいと思ってる。

----

ともあれ、日々自分と部下のモチベーションを高めつつ仕事をしたいな、と思う。

-----

◇2013/10/25(金)追記

モチベーションは「人のために貢献することで生じる」というのは確かにその通りだな、と思ったりした。

あと、最近は自分(および他人)のモチベーションを向上するために、あんまり行動してないなぁということに気がついて、愕然としたりする。言い換えるなら「人のために貢献すること」をほとんど意識してないというか。

 

なるほどね。もう少し貢献ということを考えて仕事したり生きてみても良いな、と改めて思ったりした。過去の自分、良いこと書いてるなw

 

 

広告を非表示にする