酒ねこの何気ない日常

こころに移りゆくよしなしごとを、そこはかとなく書きつけてみる。平日ほぼ毎日更新(予定)。土日は気が向いたら更新。

日刊酒ねこ021

40歳からの適応力(羽生善治)を読んだ。

 

40歳からの適応力 (扶桑社新書)

40歳からの適応力 (扶桑社新書)

 

 

サクサクと読了できた。良く言えば読みやすく、悪く言えば軽い内容。

 

本屋さんで目次に軽く通して面白そうだから買ったんだけど、個人的には書いてある言葉が、あまり琴線に触れなかった。言い換えるなら、質問の項目が多いが故に、一つ一つの項目に対してあまり深掘りされずに表面だけなぞって終わってしまったので、思考的に不完全燃焼だったというか。

 

ともあれ、これは羽生さん自身が悪いのではなくて、受け手であるオイラ自身の問題というか。将棋で言うなら早指しと長考があるとして、早指し将棋を観てしまった感じ。個人的には長考の将棋が観たかったので、食い足りなかった。

 

次はある程度立ち読みしてから買おう、と思った。

 

----

さて、部屋掃除の結果、本を大量に整理してから3冊本を買ったんだけど、3冊とも読了した。やっぱり、新しく買った本の方が読みやすいというのもあるし、新しく買った本がどれも比較的テイストが軽めの本だったのでサクサクと読み進められたとも言える。

 

そして根雪の本は殆ど進まず。とりあえず、根雪の本を2冊読んだら、新しい本を1冊買って良い、というルールで行こうと思う。じゃないといつまで経っても春を迎えられないから。

-----

◇2013/11/07(木)追記

最近、文章の読解力が弱まっている気がする。併せて文章力も落ちている気がする。たぶん、ネットの文章を読みすぎているのが原因だと思ってる。言い換えるなら本を読む時間が減っているというか。

 

今後は読書の時間をきちんと確保していきたいな、とそんなことを思ったりした。

 

あと、サクサクと読める本も悪くないので、重い本と軽い本をバランス良く読んでいきたいなと思う。いつもウィスキーだと疲れるので、たまにはビールも飲む、みたいな。

 

 

広告を非表示にする