酒ねこの何気ない日常

こころに移りゆくよしなしごとを、そこはかとなく書きつけてみる。平日ほぼ毎日更新(予定)。土日は気が向いたら更新。

不完全燃焼が故の倦怠感

16日に引いた風邪はだいぶ抜けた。台風一過で快晴!という訳にはいかないけど、だいぶすっきりはしてきた。ただ、なんとなく体に倦怠感が残っている感じ。この倦怠感をエネルギーに転化することは出来ないか?というのを最近よく考える。

 

なんとなくだけど「倦怠感って不完全燃焼の裏返し」なんじゃないか、と感じている。自分が楽しいと思うこと(もしくはやるべきこと)をきちんと出来てない、と言い換えても良いかも。自分の中のエネルギーをうまく燃焼できてないが故に、不完全燃焼で妙な燃え方をしてしまう。その結果、変なガスが出てしまい体がだるくなる、というか。

 

この問題を解決するには、「自分の中のエネルギーをきちんと燃焼させる」しかないとは思ってるんだけど、きちんと燃焼させるにはどうしたらよいか?というのが今の悩み。相変わらず悩んでばかりですが。

 

まぁ、自分の人生を輝かせる行動は何か、をきちんと考えた上で、その行動にエネルギーを費やせば良いんだろうな、とは思う。でも、そういう行動を考えるのって正直面倒とか思っちゃうんだよな。面倒だと思っているから不完全燃焼になるというのは分かるんだけど。

 

明日から急にすっきりするなんて正直無理な相談なので、すこしずつ過去からの呪縛を解いていくしかないんだろうね。

 

-----

昨日の酒ねこ:プレミアムモルツ→米焼酎

一昨日はボジョレーヌーボーを飲み過ぎた。たまには深酒もあり。ただ、飲み過ぎると覿面に太るので、昨晩はほどほどにした。年末の賞与が出たら美味しいラムかブランデーを確保したいな、と思ってる。

-----

今日の出来事:

午後から雨が降ってきた。午前中は比較的暖かかったけれども、雨とともに気温が下がった。まるで雨が大気から熱を奪い、地面へと持ち去ったかの様に。

 

午前中は外出していたので、以前に食べたつけ麺店で再びつけ麺を食べてみた。麺は抜群に美味しいのだが、つけだれが甘すぎてイマイチ。なんというか甘いつけだれって文字通り店の甘えだと思ってる。蕎麦つゆも同じなんだけど、甘くすればある程度の味は確保出来る。舌の中で甘みを感じる部分が大きいので、甘い=美味しいとなりがちなので。

 

蕎麦つゆを作る課程を見たことがあるんだけど、甘くない蕎麦つゆで美味しくするのって出汁の味を工夫したり、醤油にこだわらなければならないし、バランスをきちんと取る必要もあるので、なかなかに難しい。つけ麺のつけだれも同様だと思う。甘いつけだれで良しとしている店って、結局は手抜きなんだよな。まぁ、好みの問題もあると思うし、甘いつけだれの方が60%の人に嫌われない味になると思うから、店舗経営という意味では正解だとは思うんだけど。

 

まぁ、オイラとしては、あの店にもう行くことはないな、と思った。人生は短く、食べれる昼飯も限りがあるわけだから。

 

広告を非表示にする