酒ねこの何気ない日常

こころに移りゆくよしなしごとを、そこはかとなく書きつけてみる。平日ほぼ毎日更新(予定)。土日は気が向いたら更新。

缶コーヒーと無心になって勉強すること

年末だというのに比較的暖かい。静岡は気候温暖なので冬は暖かく過ごせることは多いんだけど、小学生や中学生の頃は、年末ってもっと寒かったし、震えていた記憶がある。

 

そういえば塾の帰りに自販機で買うホットコーヒーが非常に楽しみだったのを思い出す。寒い中、手袋を外し自販機に百円を入れコーヒーのボタンを押す。「ガタン」という音とともに、取り出し口にコーヒーの缶が現れる。暖かいコーヒーをつかむと、かじかんだ手がじんわりと暖かくなってくる。蓋を開け一口飲むとコーヒーの香りとともに甘みが口いっぱい広がる。ホーっと息を吐くと、目の前の空気が白さに包まれる。あの頃は無心になって勉強していたなぁ、と懐かしく思い出す。無心になって勉強できる幸せあるよね。

 

最近も勉強をしているんだけど、無心になってないなぁ、と思う。無心になって勉強した方が絶対に

楽しいよね。久しぶりに帰り道で缶コーヒーを買ってみて、無心だった昔の気持ちを思い出したいな、とそんな事をぼんやり考えた。

 

----

昨日の酒ねこ:プレミアムモルツ

さわやかに一杯で終了。米orビールという感じなので、ある意味ご飯一膳で終わった感覚。たくさん飲むのも楽しいんだけど、このくらいで終わるのもまた良し。



広告を非表示にする