酒ねこの何気ない日常

こころに移りゆくよしなしごとを、そこはかとなく書きつけてみる。平日ほぼ毎日更新(予定)。土日は気が向いたら更新。

ログ・ホライズン一気視聴

寒い日が続いてる。ようやく冬本番なので冬らしくて良いなぁと思う反面、春の日を待ちわびているオイラもいたりして。そろそろ新しいコートが欲しいなぁ、と思ったりしてる。

 

さて、NHKで毎週土曜日に放送しているログ・ホライズンというアニメが面白い。細かい伏線を周到に張り巡らせて、それを少しずつ回収していくのがなんとも心地よい。

 

異世界の特殊ルールをすこしづつ提示し、見ている視聴者にルールを理解させ、そのルールのなかで奇想天外な手を打って視聴者をびっくりさせるという手法がすばらしい。桝田省治さんが監修しているとの事なので、ああこれって天外魔境2のゲームデザインとまったく同じだなぁ、と思ったりした。

 

天外魔境2のデザインって、ゲーム内で登場人物が新しい術を覚えた場合、その術を使う事で簡単に倒せるザコを用意し、術の有用性をプレイヤーに知らず知らずに身につけさせる。ステージボスの弱点もその術で、普通に戦うと勝てないボスに対して術の有用性が分かっているプレイヤーが挑むとステージボスを打倒出来る、という仕掛け。

 

ゼルダも同じだよね。ダンジョンでアイテムをゲットするとザコに対して有用。もちろんステージボスに対しても有効。こういう仕組みって単純なんだけど、ある種のカタルシスを得るためには必要な仕掛けだよなぁ、と思ったりもする。

 

さて、年始に大量に録画したログ・ホライズンを毎日1話見ていたんだけど、「これも選択と集中か?」と思って先週末に一気に視聴。世界の根幹に関わるルールが出てきたりして、このルールをどのように使ってストーリーを盛り上げていくのか?を色々と妄想したりしてた。こういう妄想って結構楽しい。

 

あと、ログ・ホライズンは主題歌(最初と最後)がまた良い。冒頭はストーリーのダイジェストみたいな感じになっており、何度見ても飽きないし、最後はストーリーの余韻を受け止める良い歌。これ、本当に丁寧に作ってある良いアニメだなーと思う。見始めて良かった。原作本も読もうかな、と思ってる。

 

----

昨日の酒ねこ:プレミアムモルツ

 

元々、ここに昨日飲んだお酒を書くに至ったのは「お酒を飲み過ぎなので節制したい」という経緯からなんだけど、毎日「プレミアムモルツ」と書いてるだけなので若干つまらないと感じているオイラもいたりして。本末転倒だけど、もうちょっとお酒を飲んでも良いのかなぁ、とぼんやり考えた。

 

広告を非表示にする