読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

酒ねこの何気ない日常

こころに移りゆくよしなしごとを、そこはかとなく書きつけてみる。平日ほぼ毎日更新(予定)。土日は気が向いたら更新。

倦怠感を減らすためには瞑想が使えそう、と思った話

 

徐々に暖かくなってきた。コートを着ていると、日なたでは若干暑く、日陰ではちょうど良いという陽気。そろそろコートもいらないかなぁ、という気分になってきた。まぁ、夜には寒くなると思うので、2月一杯くらいはコートは必要だと思うけどね。

 

さて、たくさんの事を一気に詰め込むと脳みそが「めんどくさいなー」という倦怠感を感じて、脳が行動にブレーキをかけてくることが偶にある。まぁ、こういう倦怠感を感じたときは、割と楽しいことをやったり、軽く体を動かしたりして倦怠感を能動的に処理したり、何もせずにぼんやり過ごして受動的に倦怠感を乗り切ったりしていた。嵐が抜けるのを待つ作戦というか。

 

昨日の帰宅中に、ふと「あれ?この倦怠感は瞑想で取り除けるかも」と思って、歩きながら軽く瞑想(何も考えないで歩く)をしてみたところ、割と倦怠感が抜けるのを実体験出来た。「おおおお、大発見!」と、小躍りして喜んだんだけど、一時的に抜けた倦怠感はしばらくすると戻ってくる感じがあった。今のところ、瞑想は倦怠感を軽減することは出来るけれども、根本解決にはならない感じ。

 

なんで根本的に解決しないのかなぁ、とぼんやり考えたんだけど、凝った体はマッサージで楽になるけど根本的には解決せず、運動をしたりストレッチをするのが一番良い、というのに似ている気がした。もっと言うと、マッサージ自体に効果はあるし体は楽にはなるんだけど、しばらくたつとコリが戻ってくる感覚に近い。要はマッサージだとコリの根本が治らない、というか。

 

ただ、瞑想の時間を増やしたり、瞑想の深度を深くすれば、倦怠感自体を減らすことが出来るのかな、と思ったりした。要は借金が多すぎて利子を払う額が多い状態で、軽い瞑想だと利子を払うだけで精一杯で元本が減らない。一方、瞑想が深く出来れば利子は元より元本も減らすことが出来、倦怠感自体を減らすことが出来る気がする。

 

まぁ、瞑想だけで全てが解決するとは思っておらず、運動をした方が良いんだろうなとも思ってるので、瞑想時間を増やしたり、瞑想自体を深くすることは画策しつつも、ボチボチ運動も始めたいな、とぼんやり考え中。まぁ、瞑想も運動も習慣づけようとすると上手くいかないので、まずは瞑想の習慣化が出来てから運動を開始かな、と思っている。

----

さて、ここ最近、3DSでピクロスe6をコツコツやっており、ピクロスについて色々と書いてみたいと思っていたんだけど、今日は文章を書きすぎたのでピクロスについては明日以降書こうと思う。

 

まぁ、たいした話を書くわけでは無く「3DSでやるピクロスは超楽しい!」という話をしたいだけなんだけどね。

 

----

昨日の酒ねこ:プレミアムモルツ→カリラ(ストレート)

週末は暴飲暴食気味だったので今週は節制するつもりが、久しぶりにウィスキーを飲みたくなったので、ちょっとだけカリラを飲んでしまった。ちょっと放置していたら、香りが薄くなった印象があった。

開栓してしまったウィスキーって香りが抜けちゃうから早めに飲まないとなーとか思いつつも、そういうこと言ってるから深酒になるんだよな、とも思ったりする。軽い悩みですが。

 

広告を非表示にする