読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

酒ねこの何気ない日常

こころに移りゆくよしなしごとを、そこはかとなく書きつけてみる。平日ほぼ毎日更新(予定)。土日は気が向いたら更新。

3DSのピクロスが超絶に面白い件(前編)

たまにはゲームの話を。

 

ピクロスというのは古くは「お絵かきロジック」という名前でパズラーという雑誌に連載されたパズル。はじめて見つけたときは衝撃を受けて、時間を忘れて遊んでいたのをつい最近の出来事のように思い出す。

 

お絵かきロジックの歴史についてはこちらが詳しい。

お絵かきロジック - Wikipedia

 

ただ、雑誌としての「お絵かきロジック」には、マス目を塗るのが面倒という事、塗ったマス目をこすってしまいで手が汚れる事、ミスした場合やりなおすのが超絶面倒(全部消しゴムで消すので)、という3大欠点があり、いつしか遊ばなくなっていた。

 

そんな最中、ゲームボーイで「マリオのピクロス」というゲームが発売となり、遊んでみたところ上記3大欠点が全部解消されていた。もう、お絵かきロジック(というかピクロス)を遊ぶのに何の抵抗もなくなった。ピクロスというゲームはオイラにとってルネッサンスの3大発明に匹敵するような大発明となった。ノーベル賞あげたい(何

 

その後、任天堂はコツコツとピクロスを発表している。

ピクロス (ゲームソフト) - Wikipedia

 

あらためて、ピクロスの過去作品を眺めてみたら、配信や特典以外は全部遊んでいるのに驚いた。我ながら中毒患者だな(笑)

 

さて、3DSにもダウンロード専用でピクロスが発表されており、オイラは何かに引き寄せられるように当該ソフトを見つけ、発売される度に遊んでいた。

 

つい先日、最新作のピクロスe6が発売となり、早速購入し、毎日猿の様に遊んでいる。サクサクとテンポ良く遊べるし、やめ時が見つからないので本当に怖い。超絶時間泥棒。

 

...なぜ3DS版ピクロスが良いのかを語ろうと思っていたのですが、ここまで思った以上の長文になってしまったので、明日以降に続く。刮目して待て!(何

 

----

あと私事で恐縮ですが、積みゲーが10本くらい溜まっている。やりたいゲームがたくさんあるというのはありがたいと思う反面、これ、最後まで遊ぶ時間が本当にあるのかなぁ、と思ったりも。ここ二ヶ月ほど読書にウェイトを置いていたけど、来月はゲームにウェイトを置いて見るのもよいかなぁ、と考えた。たまにはガリガリゲームをするのも良いなぁ、と思うので。

 

----

昨日の酒ねこ:プレミアムモルツ

先週末の暴飲暴食があったので、肝臓をちょっと休める意味でも1杯で終了。今晩は会社の飲み会予定なので、木曜日は休肝日にしようかなぁ、とぼんやり考える。

 

広告を非表示にする