酒ねこの何気ない日常

こころに移りゆくよしなしごとを、そこはかとなく書きつけてみる。平日ほぼ毎日更新(予定)。土日は気が向いたら更新。

震災から4年経ちました。

震災のことについて自分が感じていることを何か書きたいなと思っていたんだけど、いろんな思いが交錯しすぎて文章にならない。あと文章にした瞬間に自分の思いとはズレてしまう気がするし、文章化したことで妙な誤解を生じてしまう内容になってしまう気がする。

 

ともあれ、一日も早い復興を望みたいな、と思う。

 

遠い地に居るオイラに出来る事は、東北の物を買う事くらいかな、と思ってる。東北のお酒とかもっと積極的に飲もうかなと思った。あと東北に旅行に行っても良いかもなぁ、とそんなことを考える今日この頃です。アウェイ仙台戦とか山形戦に行ってみるのは有りかも知れないな。

 

----

最近、幸せな人生を過ごすためには、投資について積極的に考えた方が良いな、と感じたので、月に1冊は投資の本を読もうと思い立った。そこで、割と世の中的に評判が良い「リスクテイカーズ」という本を購入した。投資家8人の人生について書いてある本なんだけど、内容が面白すぎる。

 

とりあえず3人分まで読んだんだけど、3人とも手法が異なり、現物重視、空売り重視、物言う株主作戦、等々いろんな手法を駆使している。どの人も「自分なりに企業価値を見極め、市場とのひずみを使って儲ける」という手法を使っており、株式投資をするには企業価値を見極る、というのが本当に大切だよな、と思ったり。

 

企業価値の算定手法は財務的にはDCFとかEBITDA倍率とか色々あるんだけど、数字に表れない企業価値、というのもあるので、財務を見極める目は持つ一方、見えない企業価値を捉えることが出来ると強いよな、とそんなこと思う。

 

また中期的にきちんと儲けるためには投資銘柄数を限定し、その銘柄については(投資家の中で)誰よりも詳しい、くらいになってから投資するしかないな、とも思った。軽く調べたくらいで儲けるというのはおこがまし行為だ、というのもよく分かった。なんとなく投資というとあぶく銭的なイメージはあるけど、きちんと儲けるためには真摯に立ち向かわないとダメだよね。

 

何にせよ、残り5人分も楽しみながら読み進めたい。

リスク・テイカーズ ―相場を動かす8人のカリスマ投資家

リスク・テイカーズ ―相場を動かす8人のカリスマ投資家

 

 ----

昨日の酒ねこ:プレミアムモルツ→ゆず酒×2

ゆず酒は2杯飲めば飲み終わりそうなので、思わず飲みきってしまった。1杯で自重しようと思っていたけど、最後まで飲みきってしまうのはオイラ的には想定の範囲内というか。

飲む前は「残りを飲みきるとか考えず、翌日に残しておこう」とか思って飲み始めるんだけど、飲んでいる最中に「ええい、全部飲んでしまえっ」とか思っちゃうんだよね。困ったもんです。ほんと。わかっちゃいるけどやめられない、の典型ですね。

広告を非表示にする