酒ねこの何気ない日常

こころに移りゆくよしなしごとを、そこはかとなく書きつけてみる。平日ほぼ毎日更新(予定)。土日は気が向いたら更新。

日刊酒ねこ014

ちょっと気になる事があるとして、スルーをする勇気みたいなのも必要だと思うけど、そもそも「気になること自体」を捨てちゃっても良い気がしている。

 

何が重要なのか?何が重要じゃないのか?を判断出来ないと、自分の目についたものから処理してしまい、重要なものが処理できずに終わってしまうこともある。とは言っても目についたものがいつまでも処理できないと、イライラしてしまったりするから。

----

もう読まないと思った本を30冊ほど処分したんだけど、綺麗になったはずの本棚にふと目を向けると「これ、もう読まないんじゃね?」と思う本が浮かび上がってきた。そして、3冊ほど処分した。

 

なんで、浮かび上がってきたのかな?という事を考えたときに、周りが綺麗になった分、何が自分にとって必要な本か?何が自分にとって不必要な本か?というのがよりクリアになったからなんだろうな、と思ったりもした。

 

あと、もう読まないと思った本を捨てれば捨てるほど、未読本を読みたくなってくるから不思議。まぁ、不思議と言うよりも、自分が読みたい本しか残らないから、未読本を手に取りやすいんだろうな。

----

ともあれ、未読本は残り10冊になったので、サクサクと読み進めたい。未読本を0にして、自分が今読みたいと思う本を、今買える体制を作りたいな、と思う。

 

-----

◇2013/10/28(月)追記

このあと、未読本は0になった。そしてしばらくは未読本は5冊以内をキープしていたんだけど、最近は未読本が10冊を軽く超えていた。どうしてこうなったのかというと「人からのオススメの本を無条件で未読本に追加」していたから。

 

最近、この事実に気がついたので、オススメ本でも無条件でもらったり買ったりせずに、タイトルだけメモしておく、Amazonのウィッシュリストに追加する、ということで対処している。おかげさまで未読本がずいぶん減ってきた。まだ10冊超くらい残ってるので、すこしづつ対応していきたい。

 

未読本を減らすもう一つの秘訣は「一冊に集中する」という事なんだろうけれども、これはまた別の話。

 

 

広告を非表示にする