読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

酒ねこの何気ない日常

こころに移りゆくよしなしごとを、そこはかとなく書きつけてみる。平日ほぼ毎日更新(予定)。土日は気が向いたら更新。

そろそろ動き出すか、と思った昼休み

 

風は冷たいけど、気温はだんだんと暖かくなってきました。個人的にはちょっと肌寒いくらいの陽気が好きなので、今くらいの季候が一番好き。あと、日もだんだんと長くなってきたので、日々得した気分に包まれている今日この頃。

 

腰痛は90%くらいまで回復。妙な方向に動かすと違和感を感じることはあるけど、日常生活を過ごすには支障の無いレベルまで治った。ストレッチとヨガの効果は偉大だよなぁ、と思ったり。健康ってすばらしい。ただ、まだ全快してないので、朝晩と丁寧にストレッチとヨガを繰り返していきたい。

----

寝る前に再読している蒼天航路は15巻まで読了。話の展開が破天荒なのはもちろんの事、絵の勢いがとにかくすばらしい。絶対に面白いと分かっている長編漫画を読み直す幸せってあるよなーと思う。これ読み終わったら、横山三国志でも再読しようかなぁ、とちょっと思った。

 

あと、蒼天航路を読んでいると体の芯が熱くなるような感覚に包まれる。物語自体が熱い事は間違いないんだけど、物語の熱さが20年前の自分を思い出させてくれるというか、物語と自分自身が共振して熱が出るというか。あと、昔読んだ物語を再読することには、昔の自分を思い出す効果があるのかも知れない。ともあれ、昨晩は妙に興奮して寝付くのが遅くなってしまった。こういう熱い物語を寝る前に読むのは諸刃の剣だよね。

 

そうそう、昨年末から精神的・肉体的な不調と戦っているんだけど、ゆっくり休んでも緩やかにしか回復してこないので、この戦いはしばらく続くな、とぼんやり考えていた。ただ今日の昼休みにふと「そろそろ本格的に動き出すか!」という軽い衝動が体を駆け巡った。こういう感覚に包まれること自体が珍しいので、「ひょっとすると体を治すチャンスが来たのかな?」と思ったりもした。

 

物語に自分自身が引っ張られているのかもね。こういう瞬間があるから物語を読むのがやめられないんだよなぁと、ふと思った。

----

昨日の酒ねこ:プレミアムモルツ→ブランデー(お湯割り)

昨晩は寒かったので、ブランデーのお湯割りを作ってみた。お湯割にするならブランデーよりもラムの方が美味しいなぁ、と思ったので、週末はラムを確保しようかな、と思ったり。そういえば、昨シーズンはホットバタードラムとか作って飲んだなぁ、という事を思い出した。ホットカクテルは寒いウチに飲まないと、ね。

広告を非表示にする