酒ねこの何気ない日常

こころに移りゆくよしなしごとを、そこはかとなく書きつけてみる。平日ほぼ毎日更新(予定)。土日は気が向いたら更新。

試合内容よりも勝ち点とは言うけれど。

 

昨晩はアイスタ日本平にてサッカー観戦。ナビスコカップ名古屋戦。

 

試合開始2時間前に発表になったスタメン+ベンチ入りメンバーを見て、リーグ戦からほぼ全取っ替えなメンバーだったので思わず笑ってしまった。けが人が多い影響もあるけど、まぁ思いきった采配だな、と。これは是が非でもスタジアムでメンバー紹介映像を見ねば、と思い18時20分にはスタジアムに入った。ギリギリメンバー紹介に間に合った。なんか、普段見慣れない選手が電光掲示板につぎつぎと現れて、見ていてニヤニヤしてしまった。

 

ともあれ、昨晩のスタメンは平均年齢も非常に若いので試合コントロールは難しいだろうし、平均身長も低いのでセットプレーの得点は期待できない&セットプレーでの1失点は想定の範囲内と思って、あまり期待値を上げずに観戦した。

 

ただ試合内容ですが、先方がノヴァコヴィッチが居る影響でプレスが弱い、というのを加味しても、こちらのボールが回る回る。久しぶりのスタメンの村田が前半途中で負傷退場したのは想定外だったけど、とにかくパスが回るし、先方のプレスはかいくぐれるし、セカンドボールは拾えるし、カウンターは迫力あるし、決定機も多いし、ゴールの臭いもプンプンしたし、北川の先制点も見れたし、前半は満足感が非常に強かった。今シーズンのサッカーの中でも屈指の出来。

 

後半も総じて良いサッカーをやっていたと思うんだけど、徐々に名古屋ペースになり同点弾を喰らう。その後、セットプレーからノヴァコのヘッドで逆転される。セットプレーでの失点は想定していたけど、それがノヴァコの恩返し弾になるのは想定の範囲外。結果は1-2で敗北。ナビスコ敗退決定。

 

ともあれ、予想以上にエスパルスのサッカーの質は高く、終始良いサッカーを見る事が出来て個人的には満足感は強かった。ただ、良い試合が出来ていただけに、負けたのは本当に悔しかった。こういう試合で勝てれば選手達も自信が付いたと思うんだけどなぁ。

 

攻撃でも守備でも流れを変えることが出来る選手がベンチに入れられなかったのが敗因かな、とも思う。澤田も村田の代わりに入るのでは無くて、途中交代で入っていたら、また結果は違っていたと思うし。

 

大榎監督の選手交代が遅い、という話は良く聞くけど、昨日はスタメン全員の調子が良かったし、妙に選手を替えて流れを止めるよりも、引っ張って正解だったと、個人的には思う。

 

何にせよ、下を向く内容のサッカーではないので、サポーターとしてはもうちょっと我慢強く応援し続けるしか無いかな、と思ってる。今週末の湘南戦がある意味前半の山場だね。ここで勝ち点が取れないと相当厳しくなると思うので。

 

----

さて、昨晩はサッカー観戦もあり読書は進まず。

 

今、ゆるゆると読んでいる「運を支配する」という本が結構面白い。桜井章一さんとサイバーエイジェント社長の藤田さんの共著。

 

桜井章一さんの本はたくさん読んでいるんだけど、藤田さんの文章は始めて読む。桜井さんが書いた数ページの文章に、藤田さんが数ページ文章をかぶせてくるという感じの形式。バームクーヘン形式というか。

 

どちらの文章も非常に平易で明確であり、深く頷ける内容が多い。運は無尽蔵にあるが偏在しており、その運を掴むには日々の鍛錬が必要だよなぁ、と感じた。ただ、お二人の人生は苛烈すぎて一般人には真似しづらいな、と思ったのも事実。

 

個人的には、それほどたくさんの運を掴まなくても良いけど、分相応の運は掴みたいな、とか思ったりした。そんな方法を模索してみたいな、と感じた。

 

だいたい、半分くらい読み終わったけど、残りも楽しみながら読み進めたい。今のところオススメ。

 

運を支配する (幻冬舎新書)

運を支配する (幻冬舎新書)

 

 ----

昨日の酒ねこ:なしっ

久しぶりに休肝日。サッカー観戦したのでお酒は飲まず。ほんとお酒飲まないの久しぶりだなぁ、と思ったり。本当は週1くらいは休肝日にした方が良いんだけどね。

広告を非表示にする