酒ねこの何気ない日常

こころに移りゆくよしなしごとを、そこはかとなく書きつけてみる。平日ほぼ毎日更新(予定)。土日は気が向いたら更新。

雪が残る東京と変わってしまった居酒屋

 

昨日は東京出張でした。道の端に雪が大量に残っていた。こういう雪って崩さないといつまでも残っちゃうんだよね。忘れたいと思う記憶がいつまでも残り続ける様に。

 

ただ、オイラが普段住んでいる土地は雪が全く降らないので、久しぶりに雪を見てテンションが上がったのも事実。交通機関が麻痺しない程度の雪は見ると嬉しい。あと、「雪が降って喜ぶうちはまだ心が子供」とか言いますが、雪が喜べない大人にはなりたくないなぁ、とも思う。

 

さて、ローマ人の物語は読み始めたものの、あまり進まず。やっぱり終演に向かう物語は読むのがつらい。新幹線の中で本を開いてみたものの、ページが全くといって良いほど進まない。根雪になる前に読み終わりたい。

 

ログホライズンは7巻まで読了。世界観を解きほぐす話でも有り、パーティとは何か?を問う話でも有り、ゲーム世界に閉じ込められた主人公たちの魂の叫びの話でもあり、オチ(主人公の目的)は予想の範囲内で正直びっくりしなかったけど、物語としては相変わらず非常に楽しめた。続巻も早く出て欲しいな、と思う。

 

Kindleで読んでいる古典部シリーズは「遠回りする雛」まで読了。相変わらず良い感じの4人で楽しめた。ただ物語の展開として、こういう方向に持ってくるか、とちょっとびっくりした。(ネタバレになると思うので、詳しくは語りませんが。)登場人物達の物語が良くも悪くも転がり始めた。この展開は嫌いじゃないけど、果たしてこの後どうなることやら。続きもゆるゆると楽しみたい。

 

----

昨日の酒ねこ:日本酒×2、芋焼酎×2

久しぶりに東京で一人酒。昔よく通っていた店で飲んだんだけど、相変わらず良い店で良かった。ただ、扱っているお酒の種類がめっきりと減っていた。オヤジ曰く「最近、みんなお酒を飲まなくなったねー」との事。近くにあったら週1くらいで通うのになぁ、とそんなことを飲みながらぼんやり考えた。


お店が生き残るためには変わり続けるしか無いのは分かる。ただ、それが自分にとって良い方向にじゃないのが寂しい。ただ、店が無くなるのはもっと寂しいので、この変化を受け入れるしかないのかな、とも思う。

広告を非表示にする